健康食品は病気を治療することはできない

薬事法に定められた医薬品

医薬品とは病気の治療や予防に用いる薬のことであり、その定義は薬事法に定められており、生産や販売は厳しく管理されています。

 

医薬品を製造したり販売するには厚生労働大臣か都道府県知事による承認が必要で、この承認がないものは「効能」や「効果」をうたうことはできず、違反した医薬部外品や化粧品、食品、医療機器などは処罰されます。

 

医薬品は成分の量や分析法が明示されており、製品化されるまでには多くの実験、検査が繰り返され、効果や安全性が確かめられています。一方、健康食品は栄養を補助する目的のため主に健康な人が摂取するもので病気などの治療には用いません。

 

販売許可のいる健康食品

健康食品の中でも販売するのに行政の許可が必要なものは特定用途食品保健機能食品とよばれ、含有量など国の基準を満たす必要があります。

 

その他の健康食品(機能性食品、栄養補助食品、栄養調整食品、サプリメント)には法的な決まりはありません。

 

バランスの良い食生活を心掛け、通常の食事で必要な栄養素を摂取するのが望ましいことですが、栄養素によっては普通の食事からでは取れる量が少ないもの、身体に吸収されにくいものがあります。

 

また、体調の変化によって一時的に大目に取った方が良い栄養素がある時などに、健康食品を活用するのが望ましいとされています。

 

上手に活用すると健康維持に役立つ食品ですが、医薬品と同じ成分が入っていることを強調し、利用者に治癒的な効果など過度の期待をさせる販売業者や、効果を過信して過剰に摂取し逆に健康を害する利用者などがおり、健康食品に対してマイナスのイメージを持つ人もいます。

 

薬にも健康食品にも言えることですが、どんなに良い成分であっても特定の種類だけを取り過ぎると体調に異変をきたす場合があります。不調を感じたたら直ちに摂取をやめ医療機関に相談しましょう。