スルフォラファンと摂ってピロリ菌と戦う!

私たちの体の中には様々な菌が生息しています。その中には、体に害をもたらすものもたくさんあります。その中の一つがピロリ菌です。健康診断などで、このピロリ菌についていろいろと指摘される人も多いのではないでしょうか。健康管理はとても大切なことです。そのため少しでも異常を感じたら、早目に病院に行くことをお勧めします。

 

ピロリ菌について

ピロリ菌と言う言葉はよく聞きますが、その内容をあまり知らない人も意外と多いのではないでしょうか。ピロリ菌と言うのは胃ガンを引き起こす病原菌の一種になりますまので、歓迎されない菌でもあります。この菌の正式な名称は「ヘリコバクター・ピロリ」と言い、体の中にピロリ菌を多く所持している人は胃ガンになりやすいことが分かっています。胃ガンと言えば、ガンの死亡原因の上位を占めているとても恐い病気でもあります。しかしこの胃ガンを克服できれば、ガンが原因となっている死亡理由の多くを防げることになります。そこで威力を発揮するのが、ブロッコリーなどに多く含まれているスルフォラファンです。

 

ガンに効果があります

スルフォラファンと言うのは、自然治癒力増強の研究過程で発見された栄養素です。スルフォラファンを体内に吸収することで、発ガン性物質の活動を抑制してくれます。そのため全く摂っていない人と比べて、ガンになる確率も低くなります。ガンになりなくい体質にしてくれますので、当然ピロリ菌に対しても威力を発揮してくれます。ある研究結果によると、胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍の患者の体から摂取した48株のピロリ菌全てに対し、スルフォラファンの制菌、除菌効果が確認されています。このようにスルフォラファンは、ピロリ菌に対しても効果があります。