スルフォラファンが持つ解毒作用

がん細胞のでき方

ブロッコリースプラウトに多く含まれているスルフォラファンが、がん予防に効果があると言われています。体内に入った発がん性物質は細胞を傷つけ、細胞の「通常の働き」を阻害し、細胞の遺伝子に傷をつけます。その異常な細胞が分裂して増えていきがん細胞となります。放置するとがん細胞はどんどん増加し、他の臓器へと転移してしまいます。

 

免疫機能が弱まるとがん細胞への進行が進む

がんの元となる傷ついた細胞が発生することは決して珍しいことではなく、体内で常に繰り返されていることです。身体が若かったり健康であると、そのがんの元となる細胞の時点で酵素がそれらを無毒化し対外へ排出しますが、身体が弱っていたり老化が進んでくると、この身体の防衛機能が弱まってきて、がん細胞を撃退しきれずがんが進行してしまうのです。

 

スルフォラファンは発がん性物質を無毒化する

スルフォラファンはこのがんの元となる細胞を無毒化し対外へ排出する身体の解毒作用を担う酵素の働きを活性化させると言われています。またスルフォラファンにはピロリ菌の活動を抑制する効果があり、ピロリ菌がきっかけで発症するさまざまな病気の発生率が下がり、胃がんもできにくくなります。動物実験ではさまざまな部位のがんが抑制されたという情報もあります。もちろんスルフォラファンは野菜に含まれる成分の一部に過ぎませんし、サプリメントは決して医薬品ではないので、摂取してすぐに高い効果を発揮するわけではありません。不規則な食生活を強いられた折や疲れを感じた時などに、栄養の不足分を補う食品の一部として取り入れるのが良いでしょう。