活性酸素の働きを弱める効果

老化の原因は活性酸素

アンチエイジングとは老化を防いだり、少しでも遅らせる行為で医学的に使われることもあれば、外見を「実年齢より若く見せられるようにする」美容的な意味で使われることもある言葉です。内蔵、血管、血液、骨、肌などの機能を実年齢より若く保たせ、健康に年齢を重ねることをめざします。老化の原因の一つと考えられているのが「活性酸素」です。

 

身体に取りこまれたものの利用されなかった酸素の一部が活性酸素となって細胞を酸化させます。この細胞の酸化が老化や病気の原因になるのです。
紫外線の当たり過ぎや、ストレス、喫煙、水や空気などの汚染、乱れた食生活などが、体内における活性酸素を増加させる原因だと言われています。美容に関しては特にこの活性酸素がシミやシワの引き金になるため抗活性酸素対策が特に重要視されています。

 

スルフォラファンは活性酸素の働きを抑制

ブロッコリーなどアブラナ科の植物に多く含まれているスルフォラファンという成分が活性酸素の働きを弱める効果があると言われています。スルフォラファンを摂取すると体内で抗酸化酵素の生成が促進されます。抗酸化物質のグルタチオンが生成され、それにより細胞分裂が活発化して新陳代謝が促されるのです。

 

アンチエイジングに対する取り組みは加齢が気になる年代に入ってから始めるものではありません。一度できてしまったシミは完全には消えませんし、シミの原因である紫外線は「若い頃から繰り返し浴びてきたもの」がその要因となるのです。従って若いうちから健康や美容に気を付け、酸化させない身体づくりを習慣化しておくことが大切です。
スルフォラファンなど抗酸化作用の高い成分をサプリメントで摂取するだけなら手間もかからずいつでも気軽にはじめられ、続けることができるのでおすすめです。