免疫力には運動が大事

身体を動かすと免疫力アップ

免疫力が低下している人ほど、「運動不足」になっている傾向が見られます。
運動不足になると基礎代謝が低下してしまい、体の機能が自然と弱まってしまうのです。免疫力をアップさせるためにも毎日適度な運動を続けてください。
そこで、免疫力が気になっている人におすすめしたい「運動」を紹介します。

 

毎日の軽い運動が大切

免疫力の向上だけでなく、ダイエット効果も期待できる「運動」はできるだけ毎日続けることが大切です。3日坊主になってしまう人もいますが、毎日続けていかなければ意味がありません。そのことをきちんと頭の中に入れておいてください。

 

「毎日運動をする時間がない…」と不安に思うことはありません。ジョギングやジムでするような激しい運動ではなく、軽い運動でOKです。毎朝早く起きてウォーキングをする、エスカレーターではなく階段を使う、1駅分歩くなど些細なことでも立派な運動になります。

 

できるだけ体を動かそうと意識して生活するだけでも、免疫力は高まるものです。

 

お風呂あがりに「ストレッチ」をする

ウォーキングや縄跳びなど自分でできる有酸素運動も良いですが、毎日少しずつできることがあります。それは「ストレッチ」です。首・腕・肩甲骨・上半身・下半身とストレッチをすることで、基礎代謝がアップします。

 

血液の流れを活性化させる効果があるのでストレッチはぜひ毎日続けてくださいね。ただし、無理に体を柔らかくしようとするのは逆効果になります。無理のない程度に少しずつストレッチをしていきましょう。

 

最初はなかなか柔らかくなりませんが、毎日地道に続けていけば次第に柔らかくなり、免疫力も高くなりますよ。お風呂あがりは筋肉が柔らかくなっているのでストレッチがしやすいです。