普段からの健康管理

免疫力アップには

免疫力を高めるために必要なものは「十分な睡眠」「バランスの良い食事」「ストレスを溜めないこと」などがあげられます。過度な喫煙や飲酒はいけません。「身体の冷え」はよくないと言われており、体温を上げることも良しとされています。また腸は多くの免疫細胞が集まり、外界からの異物を攻撃する場所と言われているので「腸をあたためる」「腸の善玉菌を増やす」ことが免疫力アップにつながるようです。

 

免疫力を高めるために

生姜など身体を温める食材や乳酸菌を積極的に取ると良いでしょう。免疫細胞の働きを高める乳酸菌は通常の食事から以外にもサプリメント等の健康食品から摂取することもできます。生活の都合で外食が続いてしまった時や、きちんとした食事がとれない時などは栄養補助食品も上手に利用すると良いでしょう。入浴もおすすめです。ゆっくり浴槽につかると身体が温まる上にリラックスできます。

 

適度な運動は質の良い睡眠につながり、ストレス解消になりますし、固くなった筋肉をほぐすことで代謝を上げ冷えも予防します。動くことで腸へと外側から刺激を与えることになるため、免疫力アップには欠かせない要素です。

 

自律神経の働きが重要

過度なストレスが免疫力に悪影響を及ぼす理由は、精神的な緊張が重なると自律神経の働きが鈍るためです。自律神経は、内蔵など人間が意識的に動かしていない器官を管理するもので、健康に深くかかわっています。

 

現代社会で生きている以上、ストレスに関わらないことは不可能ですので、ストレスを溜めない、上手に解消する必要があります。思いきり笑ったり泣いたり感情をストレートに出すと免疫細胞が活性化するといわれています。友人とおしゃべりしたり、何か趣味に没頭するのも良いでしょう。