成長が早いので、しおれるのも早い

新鮮

新鮮な状態で食べよう

最近スーパーで良く目にするブロッコリースプラウトですが、買ってすぐに食べるのなら問題はありませんが、少し日にちが経ってしまったら美味しさも健康成分のスルフォラファンも減少するのかが気になります。

 

早めに食べるのが一番

果たして、賞味期限は何日なのか。販売しているブロッコリースプラウトならだいたい2日〜3日までに食すのが中に含まれるスルフォラファンの成分をあまり損なわずに体内に取り入れることが出来ます。

自分で栽培する場合の注意

自分でブロッコリースプラウトを栽培して、食すのであれば、折角手塩にかけて育てるのですから、一番スルフォラファンが豊富な時期に収穫するのが重要になります。

 

ブロッコリースプラウトの種を土が入った栽培容器に複数ばらけるように蒔いて、上から土をかぶせて1日に1回だけお水をあげて、芽が出るまでは日陰においておき、芽が出るとすぐに日光が出る場所に栽培容器を移して、茎の長さが5〜6cmになったくらいが収穫時期です。

 

栽培容器に種を蒔いた日から約一週間で、これくらいの成長が見込めます。
ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽ですから、収穫までの時期が短いのですこの、時期を逃してしまうと、しおれた状態のブロッコリースプラウトになってしまいます。

 

健康成分のスルフォラファンも減少してしまい、味も悪くなる一方です。
成長が早いだけに、しおれるまでの時期も早いので、収穫時期には早々に行って食すのがお勧めです。

 

健康成分をしっかり摂るならサプリメントがおすすめ

けれど、ブロッコリースプラウトを栽培だけでスルフォラファンの成分を健康に活用しようとしても、無理があります。
スルフォラファンの1日必要量は、スーパーで販売しているブロッコリースプラウト1パック半の量が必要とされるからです、毎日の分を栽培してまかないきれる量ではありませんので、到底無理があるのです。

 

そこでお勧めなのは、ブロッコリースプラウトを栽培して、足りない分はサプリメントを服用すること、そうすれば賞味期限も損なわずに新鮮なブロッコリースプラウトを気軽に食べることが出来ます。