5千年前に遡るブロッコリースプラウトの歴史

健康志向も高まっていますが、その中でもブロッコリースプラウトの人気が高くなっています。ブロッコリースプラウトは野菜の新芽のことです。

 

新芽と言うと日本ではかいわれ大根が有名ですが、ブロッコリースプラウトの評判も高くなっています。スプラウトはヨーロッパでも古くから存在しており、その中には日本にない種類のスプラウトも多数あります。

 

ブロッコリースプラウトの歴史について

 

スプラウトは昔から食用として栽培されていました

歴史を振り返ってみると5000年前の古代中国において、マメ科であるブロッコリースプラウトのモヤシが栽培されていたことが判明しています。その他にも、18世紀後半の航海の際中に栽培されていとことが分かっています。

 

18世紀後半にエンデバーは南太平洋を航海しましたが、その時船上で大麦のスプラウトを栽培し、船員たちの栄養補助源として使用していました。

 

さらに19世紀には英国のビクトリア朝時代に、有名な料理研究家によるブロッコリースプラウトを使った料理本が残っています。

 

昔から日本で食されていたスプラウト

日本においては平安貴族たちが食していたと言われており、ブロッコリースプラウトは古くから世界各地で愛用されていました。

 

現在は多くのところで販売されていますが、日本では1999年に村上農園が初めて販売しています。ブロッコリーやクレス、またマスタードやレッドキャベツの新芽を、スプラウトとして販売を開始しました。

 

現在は様々な種類のプラウトが、家庭で食べられる時代になっています。実際に健康野菜として使用する人も増えています。さらに最近は専用の栽培キットなども販売されています。このように、ブロッコリースプラウトは身近な存在になってきています。