研究が進めば育毛剤への配合も検討されるブロッコリースプラウトの成分

薄毛に悩む日本人

 

一般的に、日本人男性の4人に1人が薄毛に悩んでいるといわれています。

 

近畿大学薬学部医療薬学科公衆衛生学研究室と、株式会社毛髪クリニック・リーブ21の共同研究により、ブロッコリースプラウトエキスが、毛髪の成長シグナル調整する、発毛の司令塔的な役割を果たす細胞、毛乳頭細胞の分裂を促進し遺伝子を活性化するという研究成果を得ることに成功し、日本薬学会 第134年会( 2014年3月27日(木)〜30日(日))において発表されました。

 

細胞分裂を促進し遺伝子を活性化

育毛評価試験の結果、毛乳頭細胞が1.8倍に増殖し、血管内皮増殖因子である「VEGF」、毛髪の伸長期間に毛乳頭から分泌される骨形成タンパク4「BMP4」の遺伝子発現が約1.4倍に上昇しました。

 

「VEGF」とは、主に血管内皮細胞表面にある血管内皮細胞増殖受容体にリガンド(特定のタンパク質と特異的に結合する比較的低分子の化合物)として結合し、細胞分裂や遊走、分化を刺激したり、微小血管の透過性を亢進させる働きを持つ因子のことです。

 

「BMP4」とは、もともとは骨組織や軟骨の分化を誘導、促進するタンパク質ファミリーの一種で、その働きとして分化や増殖など様々な細胞機能を調節することが知らており、毛髪の伸長期間に毛乳頭から分泌されます。

 

この効果は、ブロッコリースプラウトのエキスが直接頭皮の細胞に働きかけた結果で、食物として摂取したからといってこの結果が得られるわけであはりません。

 

また、現在のところスプラウトのどの成分にその効果があるのかは確かめられておらず研究中のため、将来、研究が進めば育毛剤への配合も検討されるということです。