新芽の状態が栄養豊富

 

新鮮

 

新鮮な状態で食べよう

 

ブロッコリーには、栄養がタップリ詰まっています、その効能は、がん予防、老化防止、美肌効果、風邪予防と数多くあります。

 

新芽の時期に栄養豊富

 

植物というものは、新芽の状態の方が栄養成分が多く含まれていて、やがて成長すると共に、その重要な栄養成分が減っていく仕組みになっています。

 

ブロッコリーも同じように、ブロッコリーとして完成するまでの最初の段階である新芽の状態の時が、一番栄養成分のスルフォラファンが沢山含まれています。

 

スルフォラファン含有量が違います

 

ブロッコリースプラウトのスルフォラファン含有量はブロッコリーの20倍もの差があるといわれています、この差を知るといかにスプラウトの状態での栄養成分が多いか理解できるというものです。

 

しかもブロッコリーを食べるには、多少なりともお湯に入れてやわらかくする必要があります、そうなると栄養素がいくらか失われていくことは必然です。

 

それに対してブロッコリースプラウトの方は、やわらかい新芽なだけに、サラダとして何も手をかけずに食べることが可能で、それは一切の栄養を失わずに食することが出来る唯一の方法です。

 

これだけでもブロッコリースプラウトを食べることが重要だと納得できますが、実はブロッコリースプラウトにはスルフォラファン以外にも優れた成分が含まれています。

 

酵素も同時に摂れます

 

それは、酵素です、酵素とは体内に取り込んだ栄養を体の中でそれぞれ必要な場所に分配する働きをします、つまり酵素が無くては栄養が体内に入ってきても、栄養の機能を果たせないまま体外に排出されるのです。

 

酵素はこのように人間が生きていくのに欠かせない重要な成分です。

 

ブロッコリースプラウトを食べればスルフォラファンも酵素も同時に摂取することが出来る、このことで栄養素を取る上で欠かせない植物だと認められたのです。