βグルカンとその働き

免疫力向上成分βグルカン

ビタミンやミネラルなど人間に必要な成分はたくさんあります。栄養バランスの良い食事は免疫力アップにつながりますが、中でも免疫力向上に役立つ成分を紹介しましょう。キノコに含まれている成分「β(ベータ)グルカン」とはどのような成分なのか説明します。

 

βグルカンとは

「βグルカン」という成分を初めて知る人も多いです。βグルカンは多糖類の1つであり、食物繊維の仲間で、腸内環境を整えてくれる効果があるのです。腸内には老廃物や毒素など不要なものがたくさん入っています。そのため、スムーズに排出できる成分になるのです。

 

また、キノコ類に入っている自然由来の成分でもあります。昔から植物に入っている成分なので、安心して摂取できるのもうれしいポイントです。

 

βグルカンが体内に入ると胃腸で消化されません。消化・分解せず、そのまま免疫細胞に働きかけます。直接働きかけることができるのはβグルカンの特徴ですね。

 

気になるβグルカンの働き

βグルカンの働きについて説明します。成分によってさまざまな働きはありますが、βグルカンの主な働きは「免疫力を高める働き」です。

 

不規則な生活習慣が続くと免疫力も低下していき、疲れやすくなる、だるくなるなどさまざまな悪影響を受けます。しかし、βグルカンを摂取しておけば免疫細胞に直接働きかけてくれるので、いろいろなウイルスや病気から守ってくれるのです。

 

また、「抗がん作用」もあります。ほとんどのキノコ類にはβグルカンが入っています。特に、シメジやハラタケ、サルノコシカケなどの種類には抗がん作用のある成分が入っているのです。がん予防にも最適な成分になります。